スーツケースのブランドについて考えたことはありますか。
見た目や使いやすさ又は価格から決めるという方も少なくないと思います。
今回はリモワというスーツケースのブランドを紹介します。
このブランドはドイツのケルンに本社を構え創業から100年を超えるブランドです。
創業時は牛革などを用いたスーツケースの生産から始まり、現在も商品に対する想いのかけ方は変わっていません。
ポリカーボネートを使用した商品の開発を世界で初めて行うなど、日々革新を求めスーツケースが作られています。
現在ではドイツのナショナルフラッグであるルフトハンザ航空とブランド提携をしており、欧州での知名度は抜群であり、だれもが一度は持ちたいブランドになっています。

スーツケース選びのポイントとなるのはやはり外見ではないかと思います。高い買い物だからこそお気に入りのものを見つけたいものです。
リモワの特徴は凹凸のグルーヴ加工(わかりやすく言えば溝が入ったデザイン)であり、これがブランドを識別することのできるポイントになっています。

また一番のおすすめはキャスターについてです。買うときはその重要性がわかりずらいのですが、荷物を入れて引いた時に車輪の重要性に気づくものです。
安いスーツケースの場合キャスターが小さく2つしかついてないものがあります。一方しか進むことができず人が多いところをかき分けるときには厳しいです。
リモワのスーツケースは多くが4輪仕様となっており、しっかり車輪が回るのでスムーズに動くことができます。

ぜひ一度専門店でその実力を試してみてはいかがでしょうか。