リモワのスーツケースの存在を知ったのは、大学生の頃。

空港で光沢のある、アタッシュケースのような(恐らくトパーズ)のスーツケースを引く、ビジネスマンらしき人を見たのが最初です。

その頃の私が持つスーツケースのイメージは「見るからに重そうで、寸胴なもの」といったものでした。

リモワのスーツケースはスタイリッシュな見た目、滑らかな移動で私のスーツケースに対するイメージを大きく変えました。

それ以来、私はリモワのスーツケースに憧れを抱き続けましたが、学生にはとても買える値段ではなく、しばらくは駅や空港で見かけるたびに「本当に美しいスーツケースだ」という羨望の眼差しで見つめるだけでした。

そんな私も社会人になり、初めてボーナスというものを貰うにあたり、購入したのはもちろんリモワ トパーズのスーツケース。

新社会人の私にとってはまさに「清水買い」です。長期の海外出張も多い仕事に就いたということもあり、98リットルの大型のものを選びました。大きすぎるように思われるかもしれませんが驚くほど軽量で、またその佇まいはリビングの隅に置いてもオシャレに見えるので、本当に満足しています。

今でも出張はもちろん、プライベートの旅行や、趣味のスキューバダイビングに行く時などにも愛用しています。高価なダイビング器材を収納しても、軽量で頑丈なリモワだと安心です。

リモワトパーズが安く買えた公式オンライン

あまりの使いやすさにその後、機内持ち込み可能な小型のトパーズ32リットルのスーツケースを追加で購入しました。憧れのリモワを持って旅に出ると、本当にワクワクします。